鍵交換の相場や費用負担先をチェック!

貴重品が入ったカバンをひったくられたときにやるべきコト 貴重品が入ったカバンをひったくられたときにやるべきコト

悪用されないように鍵交換~費用は誰が負担?~

防犯効果を高めることができる鍵交換ですが、鍵交換にはどのくらいの費用がかかるのでしょうか。そして賃貸として利用している部屋で鍵交換を行なう場合、費用負担はどこにかかるのかここで把握しておくと良いです。

悪用防止に行なう鍵交換っていくらくらい

鍵を失くしてしまいました。悪用防止の為に鍵交換をしたいのですが、どれくらいの金額になりますか?
相場はだいたい150,000~250,000円くらいです。結構幅があるのは、取り付ける鍵のタイプやドアのグレードなどによって費用が大きく変わってくるからです。最近は価格が少し高めの防犯性に優れた鍵が主流となりつつあるので、予算に少し余裕を持たせたほうがいいかもしれません。

鍵交換料金って自分負担になるの?

案内する女性

賃貸物件における物件の鍵交換の費用に関しては、国土交通省の「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」では、「賃貸人(貸主)の負担とすることが妥当」となっています。しかし、借主が費用負担を行なう場合があります。それは借主が鍵を紛失してしまった場合です。これは同じく国土交通省が発行している「賃貸住宅標準契約書」にも明記されています。借主が鍵交換を自費で行なう場合、貸主に許可を得たり、新しく取り付けた鍵のスペアキーを渡したりといったことも忘れずに行なわなければなりません。

保険に加入していれば費用負担が軽減

加入している保険の種類及び保険会社によっては、鍵交換における費用負担が軽くなることがあります。例えば火災保険は、災害以外の生活トラブルの解決サービスを補償内容に設けていることがあります。この「災害以外の生活トラブル」の内容は実に様々で、鍵交換や盗難に遭った場合、盗難品の被害などの補償が含まれることがあります。ただ、火災保険とセットとなって販売されていることの多い家財保険は、鍵の紛失による鍵交換を補償の対象外としていることが多いです。

TOPボタン