鍵交換をするときは防犯機能や扱いやすさを重視しよう

貴重品が入ったカバンをひったくられたときにやるべきコト 貴重品が入ったカバンをひったくられたときにやるべきコト

悪用防止のために防犯機能に優れたタイプを

家のイラスト

鍵交換をする際は、空き巣犯による鍵開け被害を十分に防げるよう、防犯機能に優れたタイプの鍵を選ぶようにしましょう。そこで、防犯機能に優れた鍵を数種類ここで紹介したいと思います。ぜひ参考にしてください。

鍵交換をしたい人に勧めるキータイプ

ロータリーディスクシリンダーキー
現在マンションをはじめとする集合住宅の部屋でよく使われるようになった、ピッキングに強いタイプの鍵です。ひと昔前まで主流であったディスクタンブラーキーとは違い、真ん中の溝の高さがかまぼこ状ではなく直線になっています。
ディンプルキー
鍵のロータリーディスクシリンダーキー同様近年増えているタイプの鍵で、マンションだけでなく一戸建て住宅などでも使われています。鍵の表面に丸い穴が複数付いているのが特徴です。防犯効果に優れており、どんどん普及され続けています。

高性能な鍵タイプ

最近は、単に防犯機能に優れているだけでなく、扱いやすさに長けた高性能な鍵も増えている傾向にあります。タッチ式カードキーはその代表例です。文字通りカードキーをセンサー部分にタッチするだけで解錠できるという優れもので、既存の鍵に後付けできるという便利さも兼ね備えています。このタッチ式カードキーには暗証番号付きのものもありますが、数ある鍵のタイプの中には「暗証番号錠」と呼ばれるものもあります。解錠時に暗証番号を必要とするもので、部屋主であればその番号を自由に変更できる仕様となっています。また暗証番号錠は、遠隔操作ができるものやタイマー設定ができるものなど、豊富なバリエーションに富んでいます。鍵交換をササッと簡単に済ませたいのであれば、リモコン錠がおすすめです。リモコンを使って解錠施錠を行なうタイプの鍵で、取り付けに関しては既存の鍵にドライバー1本でできるようになっています。ですので、ドアの加工は一切不要で、楽に取り付けられます。

TOPボタン